今夜は満月


満月にはなにかが起こる
by ys5j7kl9oz
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

カテゴリ:未分類( 72 )

阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円(産経新聞)

 大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室で、研究員が給与の半額を研究室側にキックバックしていた疑惑にからみ、別の元研究員の男性が「カラ出張」を求められ、出張費を研究室に返納していた疑いのあることが13日、関係者への取材でわかった。男性は給与もキックバックしており、これらの金は研究室の関係者名義の口座に入金されたとみられ、阪大の調査委員会が経緯を調べている。

 カラ出張を求められていたのは、阪大の非常勤特任研究員だった中国籍の20代男性。平成17年に来日し、大学院生として研究室に所属していたが、昨年11月から今年3月までは、院生としての身分のまま特任研究員として大学と雇用契約を結び、4月に中国へ帰国した。

 複数の関係者によると、男性は研究室の事務担当者から、事前に出張費の振り込みがあることを告げられた上で、昨年12月〜今年2月の間、5回にわたり計約30万円が自分の口座に振り込まれたという。

 男性は入金の後、全額を引き出して事務担当者に手渡し、事務担当者が出張申請の書類を処理していたといい、実際には「この間、一度も出張したことはなかった」と話している。

 一方、男性は特任研究員だった5カ月間に、給与として計約50万円を大学側から受け取ったが、毎月約半分を研究室にキックバック。研究員になる前に、事務担当者から還流を頼まれたという。

 産経新聞の取材に対し、男性は「事務担当者に言われたのでやった。学位をもらう立場だったから、言われたとおりするしかなかった」と証言。これに対し、元教授は「私は知らない。事務担当者がやっていたのではないか」と釈明している。

【関連記事】
阪大キックバック受け 研究生「悩み続けた」
大阪大学医学部 研究室で給与をキックバック
4000万円詐欺容疑で元職員を書類送検 神奈川県不正経理
ローソン子会社不正経理 恐れ知らずの成功者
千葉 県外郭16団体で不正経理 総額7650万円

発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)
コンビニ本部の部長装う 清掃代金名目で加盟店から38万円詐取  (産経新聞)
本会議出席わずか1日 くら替えの河上議員 「労働なき富」批判も(産経新聞)
荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-06-15 09:41

石綿訴訟 国控訴で原告団怒り 「地獄に突き落とされた」(産経新聞)

 泉南アスベスト訴訟で、国が控訴したことを受け、原告団と弁護団は1日、東京の厚生労働省と地元の大阪府泉南市でそれぞれ記者会見し、怒りの声を上げるとともに、失望感に沈んだ。

 昨年6月に夫を肺がんで亡くした原告団共同代表の佐藤美代子さん(65)は厚労省での会見で「地獄の底に突き落とされた思い。身を粉にして働いてくれたパパに何と報告していいか」と涙ながらに話した。

 22年前に夫を亡くし、自らも肺を患っている原まゆみさん(66)も「『息がほしい』と苦しみながら死んでいった人をたくさん見てきた。鳩山(由紀夫)首相や国の関係者は原告の顔を一度も見ていないのに、控訴なんてひどすぎる」と怒りをあらわにした。

 一方、泉南市で開かれた会見には原告ら約20人が出席。大阪地裁判決で呼吸器疾患との因果関係を認められなかった岡田陽子さん(53)は「『命を守る』という公約を掲げる鳩山政権は、一体誰の命を守るのか。これ以上亡くなる人が出ないように一日も早く救済してもらいたい」。

 びまん性胸膜肥厚に苦しむ西村東子さん(71)は「情けない。酸素吸入器が手放せず、あと何日生きられるか分からない。お願いです。できるだけ早く救済してください」と訴えた。

 弁護団の八木倫夫弁護士は「控訴審では1審の敗訴原告も救済する方向で闘いながら、早期和解を目指したい」と決意を語った。

関東甲信、雷雨に注意=北・東日本は2週間低温―気象庁(時事通信)
九電工中傷ビラで組員逮捕、九州誠道会捜索(読売新聞)
阿久根市長独断、職員・市議・市長のボーナス半減(読売新聞)
テレビはないがワンセグあり 実は受信料払う必要がある(J-CASTニュース)
伊勢湾岸道で多重事故、車炎上…一部通行止(読売新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-06-02 07:01

阿久根市長に市民から批判、リコール求める声も(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の市民団体「阿久根の将来を考える会」(川原慎一会長)は17、18日夜、市内2か所でそれぞれ住民との懇談会を開いた。

 3月議会の出席を拒否した竹原信一市長に対する批判が相次ぎ、リコール(解職請求)を求める厳しい意見も上がった。

 竹原市政の問題点を住民目線で考えようと、市内7か所で予定しており、17日は大川中体育館、18日は鶴川内集会所で開いた。両会場には市民計約80人が参加し、反市長派の市議数人も出席したが、竹原市長や市長派市議4人は姿を見せなかった。

 意見交換では、竹原市長の市議会ボイコットを問題視し、「責任を取って辞めていただきたい」と市長の辞職を求める意見や、「彼が政治を行う限り、改革は進まない。市民が一致団結して市長を引きずり降ろすべき」として、有権者の3分の1以上の署名で請求するリコールの実施を訴える声が上がった。

 17日の懇談会では、市民の要望を受けて「竹原市長をリコールするべきか、市議会が市長不信任をするべきか」を問う場面もあり、リコールに賛同する人が多数を占める一方、リコール、不信任のどちらにも挙手しない人もいた。

 一方、「竹原市長の評価すべき点は」の質問に「職員の給与を引き下げ、職員の対応が良くなった」「ごみ袋の値段が安くなった」と市長の改革を評価する意見も寄せられた。

 川原会長は「市民の切実な思いが聞けた。今後の懇談会でも様々な意見を出し合ってほしい」と話した。

対北制裁強化を=自民(時事通信)
個人情報記録のディスク紛失=相談者ら97人分入力―広島法務局(時事通信)
夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)
<遺棄毒ガス訴訟>中国人遺族らの賠償請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
小沢氏「言う必要ない」 静岡県連への活動費支給停止(産経新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-05-27 12:13

小沢幹事長 がん体験を披露(産経新聞)

 「私自身も40年ばかり前、がんにかかり、たまたま早期に発見できたのでいまだ元気でおりますけども」

 民主党の小沢一郎幹事長は13日、参院選公認発表のため広島市で行った記者会見で、自身のがん体験を告白した。

 広島選挙区の候補は乳がん患者の友の会の代表。小沢氏は「国民にとってがんの克服は大きな問題。政府として真剣に対策を講じていきたい。マニフェスト(政権公約)にも強く書く」と強調した。

 小沢氏は、昭和44年の衆院初当選直後に甲状腺(こうじょうせん)がんがみつかり、即座に手術を受けた。長く公表されていなかったが、平成19年11月のテレビ出演で「手術で声が出なくなり、政治家を辞めようかと思った」と語り、周囲を驚かせたことがある。

【関連記事】
「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明
小沢ガールズ名誉の負傷? 三宅議員が車いすで国会に
小沢氏、聴取応じる意向 「陸山会」政治資金規正法違反、元秘書3人も
公明・山口代表「政倫審は公開で」 民主・小沢氏に
小沢氏再聴取へ 今度こそ疑惑解明求める
少子化を止めろ!

5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)
「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明(産経新聞)
諫早干拓地堤防開門 地元対策怠り迷走 結論ありき、普天間酷似(産経新聞)
九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
地方自治の生き証人 鈴木氏死去 五輪、都庁移転で手腕(産経新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-05-18 14:56

窃盗容疑で巡査部長逮捕=女性の下着盗む−兵庫県警(時事通信)

 女性の下着などを盗んだとして、兵庫県警加古川署は9日、窃盗の疑いで東灘署地域課の巡査部長畑中剛容疑者(48)=加古川市尾上町=を逮捕した。加古川署によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、畑中容疑者は9日午前10時50分ごろ、加古川市内の民家の駐車場に干されていた下着など計8点を盗んだ疑い。 

【関連ニュース】
車内の男児、外的要因で死亡=頭に打撲痕、慎重捜査
車内に乳児遺体=万引きで逮捕の夫婦の子か
被害女性の腕時計「拾った」=別の窃盗容疑で逮捕の男
ひったくり80件、800万相当か=容疑で元会社員ら2人逮捕
被害女性腕時計が質店に=換金の男、別の窃盗容疑で逮捕

<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)
当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-05-10 22:05

龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)

 中学生に現金を渡しわいせつな行為をしたとして、京都府警少年課と城陽署は19日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、大津市大将軍、龍谷大学3年、渡辺一樹容疑者(21)を逮捕した。府警によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成21年12月31日、携帯電話のサイトで知り合った京都市内の当時中学2年生の女子生徒(14)が18歳未満であることを知りながら、同市内のホテルで現金1万円を渡し、わいせつな行為をしたとしている。

【関連記事】
40人以上の女児にワイセツ…英会話教師の手口
止まぬワイセツ“性”体師、盗撮風AVも出回り…
当たり屋教師、女子高生にあれマッサージさせた手口
女子高生に疑われ…痴漢冤罪の父、2年間の戦い激白!
韓国籍牧師、女性信者への乱暴を否認 水戸地裁土浦支部で初公判

資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年(産経新聞)
インターネットを利用した訪問介護管理者研修を開始(医療介護CBニュース)
<お別れの会>中野寛孝さん=3月13日死去(毎日新聞)
ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に−政府(時事通信)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-04-21 15:41

鳩山首相「最大の敗者」 核安保サミットで米紙(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】米紙ワシントン・ポストは14日付で、核安全保障サミットで最大の敗者は日本の鳩山由紀夫首相だと報じた。最大の勝者は約1時間半にわたり首脳会談を行った中国の胡錦濤国家主席とした。鳩山首相について同紙は、「不運で愚かな日本の首相」と紹介。「鳩山首相はオバマ大統領に2度にわたり、米軍普天間飛行場問題で解決を約束したが、まったくあてにならない」とし、「鳩山さん、あなたは同盟国の首相ではなかったか。核の傘をお忘れか。その上で、まだトヨタを買えというのか。鳩山首相を相手にしたのは、胡主席だけだ」と皮肉った。

<八ッ場ダム>推進派現職が無投票当選…群馬・長野原町長選(毎日新聞)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
トヨタバッシングを斬る米国人動画が評判に(産経新聞)
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)
<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-04-17 16:11

食塩の過剰摂取防げ 1日の目標量引き下げ 男性9グラム 女性7.5グラム未満(産経新聞)

 今月改定された「日本人の食事摂取基準」でナトリウム(食塩相当量)の1日摂取目標量が男性9グラム未満、女性7・5グラム未満と、より厳しく引き下げられた。食塩の過剰摂取で高血圧となり脳卒中や心筋梗塞(こうそく)を引き起こすことは多くの人が認識している。しかし、しょうゆやみそなど食塩を含む調味料は日本の食文化と密接にかかわっていることもあり、今以上の減塩をどう実現するのか悩ましい問題となっている。(平沢裕子)

 ≪日本の食考慮し改定≫

 食事摂取基準(平成11年までは栄養所要量)で食塩摂取量が「1日10グラム未満」とされたのは昭和54年。女性については男女別の表記を始めた平成17年に男性との摂取量の違いを考慮して「8グラム未満」としたが、男性の数値は30年以上変わらなかった。基準策定にかかわった新潟大学医歯学総合研究科の中村和利准教授(地域予防医学)は「健康の維持・増進のために食塩摂取量はできるだけ少ない方がよい。現在までにこれまでの目標量はほぼ達成しており、新たな目標量を設定した」と説明する。

 食塩の過剰摂取は血圧の上昇や胃がんのリスクを上昇させるほか、高血圧の有無と関係なく脳卒中の罹患(りかん)率・死亡率を上げることが分かっている。WHO(世界保健機関)や日本高血圧学会では高血圧の予防と治療のために6グラム未満にするよう勧めている。

 高血圧予防のために「6グラムにするべき」との声もあるが、中村准教授は「6グラムは今の日本の食事からはかけ離れている。食塩の目標量を大きく減らすことで逆に脂肪の摂取が増えることも予想され、今回は男性1グラム、女性0・5グラムの引き下げにとどめた」と話す。

 ≪究極は1日3グラム≫

 厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、20年の食塩摂取量の平均値は男性11・9グラム、女性10・1グラム。13年に男性12・9グラム、女性11・5グラムだったことを考えれば減塩が進んでいる一方、男性の62%、女性の67%が目標量を超えて摂取していた。

 国立病院機構九州医療センター高血圧内科の土橋卓也医長は「カロリーは気にしても塩分を気にする人はそれほど多くない。また、塩分は味を左右するもの。『将来の脳卒中予防のために今はまずいもので我慢しろ』と言われても実行する人は少ないのでは」と、減塩の難しさを指摘する。

 食品中のナトリウムは豆腐やパンなどにも含まれ、日本人の一般的な食事ではしょうゆやみそなどを使わなくても1日3グラムは摂取しているという。ヘルシーと注目される日本食だが、『毎日の食事のカロリーガイドブック』などによると、握りずし(8個)3・7グラム、とんかつ5グラム、みそ汁1杯2・2グラムと多くの塩分が含まれ、日本人の食塩過剰摂取の一因にもなっている。

 日本高血圧協会の荒川規矩男理事長は「50年前までは日本の各地で今の2倍くらいの食塩を取っていた。この経験を伸ばしていきさえすれば、食塩を現在の半分に減らすことも可能なはず」と指摘。そのうえで、「少しずつ段階的に減らしていけば薄味に舌が慣れ、少ない塩分でもおいしく食べられるようになる。日本人に多い脳卒中を減らすためにも、とりあえず1日6グラム、究極的には3グラムを目指すべき。高血圧の予防と治療には、食事だけでなく運動も有用だ」と話している。

                   ◇

 ■だしや酢でおいしさ工夫を

 食事摂取基準は、生活習慣病予防のために保健センターなどで実施される栄養指導の基礎となる数値だ。改定について、日本栄養士会常任理事の井上浩一さんは「以前より減塩が進んできており、これまでの指導が大きく変わるものではない」とする一方で、「女性の7・5グラムは病院食と変わらない数値。おいしく食べるためには工夫しないと厳しいかも」と言う。

 減塩の工夫として井上さんは、シイタケ、昆布、かつおなどでだしを効かせる▽レモンや酢の活用▽しょうゆはかけないでつける−などを勧めている。

【関連記事】
【今、何が問題なのか】ジャンクフードが消える日
醤油の正しい保存法、7割が「分からない」
女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意
メタボ改善に新甘味料 香川の会社、希少糖使い
がん検診、ニーズ高いが7割が「受けたことない」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<野口聡一飛行士>「宇宙戦艦ヤマト」シャツで古代進気分?(毎日新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
<高速割引財源>道路建設転用は1.3兆円 政府方針(毎日新聞)
悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)
重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」−奈良(時事通信)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-04-12 18:31

ラグビー元日本代表 列車にはねられ死亡(産経新聞)

 ラグビー元日本代表の渡辺泰憲さん(35)=東芝=が3日、神奈川県鎌倉市のJR横須賀線で列車にはねられて死亡したことが4日、分かった。事故の可能性が高いという。3大会連続でW杯に出場、平成20年のシーズン終了後に引退した。

 通夜は10日午後4時、葬儀・告別式は11日午前11時、東京都板橋区南常盤台1の36の5、ときわ会館で。喪主は妻、真由美(まゆみ)さん。

【関連記事】
ラグビー元日本代表の元木、U−20の代表監督に就任
ポンペイ島の生活習慣病 ラグビーで防ごう 武蔵野から交流団派遣
早大新監督に元日本代表・辻氏、9日発表へ
小瀬外野手の死亡、自殺かどうか公表せず オリックス
“フジヤマのトビウオ”古橋広之進氏がローマで死去 80歳

74歳男、弟殴り死なす=容疑で逮捕、「ばかにされた」−警視庁(時事通信)
<鳩山首相>農業者ら招きリアル鳩カフェ、「戸別補償やる」(毎日新聞)
<掘り出しニュース>野球で地域振興を−−徳島・阿南市が「推進課」新設(毎日新聞)
若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
「橋下新党」旗揚げ、大阪府議会に新会派(読売新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-04-07 14:50

2年間で230回=インド洋給油・給水(時事通信)

 政府は2日午前、国会内で安全保障会議を開き、補給支援特別措置法(新テロ対策特措法)に基づく海上自衛隊のインド洋での補給支援活動に関し、国会への報告内容を決定した。それによると、2008年1月から今年1月の撤収までに、艦船用燃料の145回を含め、8カ国に対し計230回の給油・給水活動を実施。給油量は約2万7000キロリットル、活動経費は約105億円、延べ派遣人数は約2400人だった。
 海域では、オマーン湾の122回が最多で、北アラビア海でも19回実施した。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜

校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死(産経新聞)
中井洽国家公安委員長が30歳年下ホステスとスキャンダル(スポーツ報知)
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕(産経新聞)
<飲酒運転>都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)
<JR不採用問題>雇用は難しいとの考え示す…JR東海社長(毎日新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-04-02 14:52


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧