今夜は満月


満月にはなにかが起こる
by ys5j7kl9oz
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官(産経新聞)

【元厚生次官ら連続殺傷 求刑】(上)

 《元厚生次官らに対する連続殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われたさいたま市北区の無職、小泉毅被告(47)の第7回公判が13日午前9時59分、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)で始まった。公判はいよいよ終盤に突入、今回は検察側による論告求刑が行われる予定だ》

 《これまでの公判で、犯行の動機を「子供のころに飼っていた犬のあだ討ち」などと説明し、反省や悔悟の色を全く見せてこなかった小泉被告。検察側からの「生まれ変わったらまたするか」との質問に、「決起は未完成なので、魔物(マモノ)を皆殺しにするまでやる」などと答え、更生の可能性さえ自ら否定した》

 《そんな小泉被告に対し、検察側は求刑も厳しい態度で臨むことが予想されている。果たして、どのような刑を求めるのか》

 《午前9時55分、さいたま地裁301号法廷には、すでに小泉被告が弁護人の前の長いすに座っていた》

 《これまで上下黒のスエット姿だった小泉被告だが、冬の寒さが堪えるのか、今日は白と茶色のジャンパーを羽織っている》

 《傍聴席へ傍聴人が入り始めると、いつものように無表情のまま入り口へ視線を向ける小泉被告。傍聴人の列がいったん途切れると視線を前方に戻した》

 《裁判所職員から「全員入廷しました」という声があがる。午前9時59分、伝田裁判長が開廷を告げた》

 裁判長「それでは開廷します」

 「本日は検察官からご意見ということですね。では、論告をお願いします」

 《伝田裁判長や2人の裁判官、弁護人に論告が記された紙の束が渡された後、1人の検察官が立ち上がった》

 検察官「では、本件につきまして、検察官の意見を述べさせていただきます」

 《検察官は手元の紙の束に視線を移した》

 検察官「この事件は犯行当時46歳だった被告が、34年前に行方不明になった飼い犬のあだ討ちなどという理由から、歴代厚生事務次官を家族もろとも次々殺害する計画を立て、どうせ死刑になるならばと、この際元厚生事務次官以外で自分が気に入らない人物も家族もろとも殺害することを企て、周到な下調べと準備の下−」

 《起訴状によると、小泉被告は平成20年11月17日夜、元次官の山口剛彦さん=当時(66)=夫妻をさいたま市内の山口さん宅で刺殺。翌18日夜、東京都中野区の元次官、吉原健二さん(77)宅で、吉原さんの妻、靖子さん(73)を包丁で刺して殺害しようとしたほか、元社会保険庁長官の横尾和子さん(68)と家族の殺害を計画したなどとされる》

 《検察官は、犯罪の成立については争いはなく、法廷での取り調べ内容からも明らかと説明。「殺した相手は“マモノ”で、人ではないから無罪」とする小泉被告の主張については、「単なる悪態の表現としてマモノと行っているに過ぎない」と一蹴し、実質的には被害者をおとしめることで自己の行為の正当性を唱えているだけと断罪した》

 《ここで検察官は、弁護側と争っている責任能力、自首の評価、吉原泰子さんに対する殺人未遂の中止行為、の3点について、それぞれの検察側の主張を説明する》

 《まず、責任能力について。公判では、起訴前に検察側の依頼で小泉毅被告に対し鑑定を行った、獨協医大越谷病院の井原裕教授が証人として出廷。「小泉被告は事件当時も、終了時も、特記すべき精神障害には罹患(りかん)していなかった」などと述べ、完全責任能力があったと証言している》

 検察官「弁護人は心神喪失または心神耗弱の状態にあったと主張しているが、本件犯行の態様やその前後の行動、犯行時の記憶の具体性、被告の供述態度のいずれをとっても、被告の精神障害を疑わせるような事情はみあたらない」

 《さらに、一見不可解な動機についても了解可能だと主張する》

 検察官「飼い犬のあだ討ちという動機は、一見歴代厚生事務次官を殺害する動機としては些細で、動機と犯行がかけ離れているように思えるかもしれないが−」

 《検察官は、愛犬が狂犬病予防法によって捕獲され殺処分されたに違いないと信じ、子供心に憤り、その恨みを引きずって、復習を誓ったという動機は、「被告なりに筋道が通っている」説明。妄想性障害などの精神疾患に罹患しているとは認められないと結論づけた》

 《次は自首の評価についてだ》

 検察官「自首については積極的にこれを争うものではないが−」

 《検察官は、小泉被告が行った自首は、悔い改めた結果ではなく、あくまでも犯行計画の一環として行われたとして、減刑の対象にはならないと主張した》

 《さらに、吉原泰子さんの殺人未遂事件についても「中止行為はなかった」と主張する検察官。小泉被告が泰子さんに対する襲撃行為をやめたのは、自己の意思で犯罪を中止したのではなく、あくまでも泰子さんが声をあげて逃げ回るなか、本来の狙いだった夫の健二さんが室内にいると思って探しているうちに、泰子さんが屋外へ逃げた結果だという》

 検察官「いわば、二兎追う者が一兎も得ない形で吉原泰子さんを取り逃がした」

 《泰子さんに対する襲撃は、死亡させるに十分な行為だったと主張する検察官。本来なら救命行為などの死を避ける努力をしなければならないが、それを怠って逃走した小泉被告の行為は、殺人未遂の中止にはあたらないと結論づけた》

 《続いて検察官は、犯行の残忍性について説明を始める》

 検察官「各犯行は、相手を確実に殺害することを念頭に置いた、極めて強固な殺意に基づく、残忍極まりない犯行である」

 《殺害された山口さん夫婦や、重大な後遺症が出るほどの傷を負った泰子さんが、どのような形で襲われたかを説明する検察官。「殺意の強固さは被告自身も語っている」と付け加える》

 検察官「次に結果の重大性について−」

 《こう述べた検察官は、ちらっと法廷内の時計に目をやった。小泉被告は終始無表情だ》

 =(下)へ続く

地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府基本法私案を提示(産経新聞)
後納期間10年に延長=国民年金保険料、法案提出へ−厚労相表明(時事通信)
健康成人の負担軽減、優先対象と同様に―新型ワクチン接種で厚労省(医療介護CBニュース)
<普天間移設>5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)
<切手セット>遼クンの最年少賞金王を記念 販売受け付け(毎日新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-01-18 16:23
<< <大雪>新潟県内で1日に100... <雑記帳>足湯にバラ300輪 ... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧