今夜は満月


満月にはなにかが起こる
by ys5j7kl9oz
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円(産経新聞)

 大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室で、研究員が給与の半額を研究室側にキックバックしていた疑惑にからみ、別の元研究員の男性が「カラ出張」を求められ、出張費を研究室に返納していた疑いのあることが13日、関係者への取材でわかった。男性は給与もキックバックしており、これらの金は研究室の関係者名義の口座に入金されたとみられ、阪大の調査委員会が経緯を調べている。

 カラ出張を求められていたのは、阪大の非常勤特任研究員だった中国籍の20代男性。平成17年に来日し、大学院生として研究室に所属していたが、昨年11月から今年3月までは、院生としての身分のまま特任研究員として大学と雇用契約を結び、4月に中国へ帰国した。

 複数の関係者によると、男性は研究室の事務担当者から、事前に出張費の振り込みがあることを告げられた上で、昨年12月〜今年2月の間、5回にわたり計約30万円が自分の口座に振り込まれたという。

 男性は入金の後、全額を引き出して事務担当者に手渡し、事務担当者が出張申請の書類を処理していたといい、実際には「この間、一度も出張したことはなかった」と話している。

 一方、男性は特任研究員だった5カ月間に、給与として計約50万円を大学側から受け取ったが、毎月約半分を研究室にキックバック。研究員になる前に、事務担当者から還流を頼まれたという。

 産経新聞の取材に対し、男性は「事務担当者に言われたのでやった。学位をもらう立場だったから、言われたとおりするしかなかった」と証言。これに対し、元教授は「私は知らない。事務担当者がやっていたのではないか」と釈明している。

【関連記事】
阪大キックバック受け 研究生「悩み続けた」
大阪大学医学部 研究室で給与をキックバック
4000万円詐欺容疑で元職員を書類送検 神奈川県不正経理
ローソン子会社不正経理 恐れ知らずの成功者
千葉 県外郭16団体で不正経理 総額7650万円

発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)
コンビニ本部の部長装う 清掃代金名目で加盟店から38万円詐取  (産経新聞)
本会議出席わずか1日 くら替えの河上議員 「労働なき富」批判も(産経新聞)
荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
[PR]
by ys5j7kl9oz | 2010-06-15 09:41
石綿訴訟 国控訴で原告団怒り ... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧